ヨハン早稲田キリスト教会(イエス様愛してます)

神様なんか関係ない、世の中で頼れるのは自分だけだ、と言っていた私がクリスチャンになり、
イエス様の素晴らしさをお伝えしたく、このブログを開設致しました。

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |

先日、当社にとって、とても大切なお取引先の社長とお会いしました。グループ会社の本社は、私が幼少時代に育った、思い出がいっぱい詰まった大阪堺市でした。

          

本社を訪問させて頂いて驚いた事は、従業員のマナーの素晴らしさでした。私も社員に対して、マナーを厳しく指導しています。私が教会に導かれるきっかけになったのも、思い遣り、気遣い、マナー等の社員教育の為でした。しかし、このお取引先の社員のマナーの素晴らしさは、それとは比較にならないと思いました。

          

 何が違うのかと観察させていただきました。それは感謝の心が伴なっているか否かの違いのように思いました。例えば、「この寒い中、良く来社して下さいました。」「貴社の商品が有るので私たちは給料を戴けます」のような教育が徹底されているのではないでしょうか。

             

厳しく云われているから仕方なくする(全員では有りませんが)のと、来客の方に対する感謝の心でするのとでは、自ずと相手に伝わる伝わり方が違ってくるのだと思いました。

1時間以上お話させて頂きましたが、商談は10分くらいで、後はマナーについての話でお互い盛り上がりました。ちなみに、この会社は、どの場所でも、ほのかな良い香りがしました。これも意識した来客への心配りの表われだと思いました。

             
改めて感謝の心を表わすマナーの大切さを、お取引先を通して悟らせてくださった主に感謝します。
マナー | 15:20 | author racer-n-tone | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  • 1/1PAGES