ヨハン早稲田キリスト教会(イエス様愛してます)

神様なんか関係ない、世の中で頼れるのは自分だけだ、と言っていた私がクリスチャンになり、
イエス様の素晴らしさをお伝えしたく、このブログを開設致しました。
<< 賛美フェスティバル ヨハン早稲田キlリスト教会(イエス様愛してます) | TOP | コスタジャパン in 伊那 ヨハン早稲田キリスト教会(イエス様愛してます。) >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |


私の家内もクリスチャンです。私が受洗した3


ヶ月後に受洗する恵みが有り、(イエス様愛し


てます)になりましました。
 


今日は家内が、多くの兄弟姉妹の前で証した


証しをご紹介いたします。



多くの愛する兄弟姉妹の前で、証しをし、恵み


を分かち合える、機会を与えて下さった主に


感謝致します。


私が初めて教会に参りましたのは、クリスチャ


ンになる為ではなく、牧師先生にお会いしたく


参りました。


ある日突然、教会へ通い始めた主人が、沢


山の本を熱心に読んでいました。それを見て


、私も興味を持ち読み始めたのですが。その


中に、牧師先生の書かれた、「主は荒れ野で


働かれる」という本が有りました。


その本を読んだ私は、大変心打たれ、牧師先


生にお会いしたいという衝動に駆られ、主人


に頼み、教会に来たのです。


教会で牧師先生のメッセージを聞き、自分が


これまで、どれだけ隣人を裁いていたのか、


そしてどれだけ高慢だったのか、と言う自分


の罪性を悟る恵みがあり、これがきっかけで


、洗礼を受け、救われました。


でも私は、教会で、兄弟姉妹がよく口にして


いる、「恵まれました」という言葉を聞くたびに


、恵まれたというのは一体どんな事なのだろう


と思っていました。また、聖霊様の満たしとは


何なのか、わからないまま教会に通っていま


した。教会の中では当たり前のように使われ


ていますので、どうしても聞く事が出来ません


でした。


そんな時、受洗前に一度受講させて頂いた事


のある「平信徒を目覚めさせよう」という勉強


会が再び有る事を知り、参加させて頂きました。


その勉強会の3日目に、私は不思議な体験


を致しました。御言葉を学んでいる最中、突然


、誰かに後ろから、ふわっと優しく抱きしめら


れたような感覚を受けたのです。暖かい温も


りまで、はっきりと感じ取る事が出来ました。


もちろん、その方は主人では有りませんでした


。私は、初めて、御言葉による恵みと、聖霊


様の満たしを体感する恵みが有ったのだと思


いました。


それからは、毎回欠かさず受講していますが


、私たちを救う為、罪の全くないイエス様が、


私達の罪を全て引き受け死んで下さった恵


みに、今回も涙が出るほど感謝しました。又、


先生方の口を通して、解き明かされる、御言


葉の、一つ一つが、高慢な、私にとっては、


胸に、突き刺さる思いが、致しました。


「舌は小さな器官ですが、大言壮語するの


です。御覧なさい。どんなに小さな火でも大き


い森を燃やしてしまう。」ヤコブの手紙3章5節。


 アーメン。


体の中で最も小さい器官で有りながら、舌は


人の運命をも変えてしまう程の力が有ると言


う事を学び、今回も又、自分の足りなさを、悟ら


せて頂く恵みが有りました。


「命を愛し、幸せな日々を過ごしたい人は、舌


を制して、悪を言わず、唇を閉じて、偽りを語


らず。」ペトロの手紙機3章10節。 アーメン。


舌をコントロールし、残された人生の日々を、


主人と共に、幸せに過ごす為にも、これから


も御言葉を良く学び、信仰を持って、生活の


中で実践して行きたいと思います。「祝福は


身近に有り、それは何か良い事をするのでは


なく、御言葉を守ろうとする事で有る」と学びま


した。


「実に信仰は、聞く事により、しかも、キリスト


の言葉を聞くことによって始まるのです」


という御言葉を、しっかりと握り締めて行きた


いと思います。


そしてこの素晴らしい、イエス様の愛を、まだ


救われていない家族や友人が、一日も早く救


われるよう、伝え続けて行きたいと思います。


これで私の、証しとさせて頂きます。


有難うございました。

- | 09:57 | author racer-n-tone | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
- | 09:57 | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |
コメント
感動の証でした。

いつまでもどんな時にでも主イエスは私たちと共にいます。
信じます。
2009/10/01 7:01 PM by 黄恩真
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://570916.jugem.jp/trackback/10
トラックバック