ヨハン早稲田キリスト教会(イエス様愛してます)

神様なんか関係ない、世の中で頼れるのは自分だけだ、と言っていた私がクリスチャンになり、
イエス様の素晴らしさをお伝えしたく、このブログを開設致しました。
<< ヨブ記 ヨハン早稲田キリスト教会(イエスさま愛してます) | TOP | 修養会 ヨハン早稲田キリスト教会(イエスさま愛してます) >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |

今週は私が毎週通っている、東中野にあるヨハン早稲田キリスト教会の、第一男子宣教会の兄弟の誕生日会を大久保駅近くの中華料理店で行いました。

        

        

交わりの合間合間に、店の中国人のスタッフと片言の中国語を楽しみながらの食事でした。誕生日を迎えた兄弟も少し中国語が出来るので、喜んで下さいました。 
私は昔(教会に導かれる前)聖書は仏教で言うお経のようなものが書かれているのだと思い込み、敬遠していました。ところが、社員教育の材料を探していた事がきっかけで教会に導かれ、聖書を初めて読んで私はカルチャーショックを受けました。なんとその中身はお経でも、倫理書でも、物語でもなく、主なる神様の、私たちに送られたラブレター、御言葉だったのです。

             

外国語も少しだけでも分かると楽しくて覚えた単語を使いたくなります。そしてその単語が通じれば更に嬉しくて、もっと覚えたくなります。聖書も、最初読んで理解できないような事が書かれていても、聖霊様の助けによって理解できるようになれば楽しくて、更にその御言葉を日常の中で実践し、結果が出た時は嬉しくて、もっともっと読みたくなります。

          

木曜日に、怪我をして寝込んでいる兄弟を励ますため、訪問し、聖書の御言葉を分かち合いました。4回目の怪我により、落ち込んでいたこの兄弟は、御言葉の分かち合いによって勇気付けられ、元気が出、感謝でした。矢張り人を変え、勇気付け、正しい方向に導くのは御言葉しかないと言う確信を得る恵が有りました。
これからも、主なる神様からのラブレターである御言葉を、宣べ伝えて行く働きに用いられたいと言う決心が与えられた一週間でした。アーメン!
訪問 | 13:32 | author racer-n-tone | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
- | 13:32 | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://570916.jugem.jp/trackback/214
トラックバック